吉田義男
 1933年7月、京都府生まれ。右投右打。遊撃手。背番号23。山城高校から立命館大学に進んだが、1年で中退して阪神タイガースに入団。
 1年目の1953年からレギュラーとして活躍し、翌1954年には51盗塁を記録して盗塁王を獲得。俊敏な守備で「牛若丸」と呼ばれるようになった。
 1955年には147安打を放ち、最多安打のタイトルを獲得。
 1956年にも50盗塁で2度目の盗塁王に輝いている。
 1962年には打率.261、22盗塁で阪神のリーグ優勝に貢献。
 1964年にも、打率.318、23盗塁の活躍で阪神をリーグ優勝に導いている。
 1969年限りで現役引退。
 その翌年から3年間阪神の監督を務める。以後、2度に渡って阪神の監督を務めて、1985年には日本一を達成している。また、フランス代表チームの監督もしていたことがある。
 1992年、殿堂入り。

 広い守備範囲を持ち、捕球から送球までの間隔がほとんどない完璧な守備は、それだけで観客を呼べる名人芸だった。また、ほとんど三振をしない粘り強い打撃は、対戦する好投手に嫌がられた。

 通算成績(実働17年):打率.267、66本塁打、434打点、350盗塁、1864安打、264犠打。盗塁王2回(1954・1956)最多安打1回(1955)ベストナイン9回

数々の伝説


 @身長と牛若丸命名

 吉田は、身長165センチの小柄な選手だった。
 そのため、吉田に初めて目をつけた阪急の浜崎真二監督は、「あまりにもチビで、牛若丸みたい」という理由で、獲得を断念している。
 しかし、浜崎監督自身、身長が154センチしかなく、歴代のプロ野球選手の中で最も身長が低かった選手ではないかと言われている。
 そんな浜崎監督が獲得をやめた吉田は、阪神が目をつけた。
 しかし、阪神は、当初、慶応大学のショートを守っていた松本豊を獲得する予定だった。ところが、松本の婚約者の猛反対に遭って、入団契約は成り立たなかった。
 そこで、阪神は、急遽、吉田を獲得することにし、1953年に吉田は阪神に入団。守備で見せる牛若丸のような華麗で俊敏な動きでファンを魅了した。そして、翌年から「牛若丸」、もしくは今様・今風の牛若丸という意味で「今牛若丸」という愛称をつけられ、親しまれるようになる。
 阪急は、身長を理由に吉田を獲得しなかったことをかなり悔やんでいたという。


 A守備の名手

 牛若丸に例えられた吉田の守備は、ゴロを追い、捕ってから投げるまでの間隔がほとんどない、という素早い動きが持ち味だった。
 吉田は、いかなるときでも、どうすればグラブから右手に球を少しでも早く移せるかということを考えていたという。
 その芸術ともいえる守備は、吉田の前にゴロが飛んだだけで観客が沸いたとも言われ、守備だけでも充分ファンを球場に呼べることを証明した守備の達人であった。
 

 B消えた打球

 1962年5月9日、広島球場で行われた阪神×広島戦で吉田は、レフトオーバーの当たりを放った。しかし、その打球は、フェンス際で突如消え、行方不明となった。
 吉田は、レフトの大和田が打球を探している間に悠々と生還。
 本塁打になるかと思われた。
 しかし、すぐ後で、吉田の打球は外野フェンス上部の網に引っかかっていたことが判明。判定は二塁打とされた。


 C三振しない打者

 吉田は、最も三振しない打者の1人であった。
 1960年から1965年まで6年連続最少三振打者となっており、現役期間中、合計10回も最少三振打者となっている。
 1964年には179打席連続無三振という当時の日本記録を達成している。これは、現在でも歴代4位の記録として残っている。
 また、金田が最も対戦を嫌っていたバッターとしても有名であり、17年間対戦してきたにもかかわらず、15三振しか喫していない。金田の超スローカーブは、吉田を打ち取るために生み出されたとまで言われているほどである。


 D監督として21年ぶりの優勝を演出

 阪神は、プロ野球創設当初からある名門球団であるが、1964年に優勝して以降は低迷を続けていた。1964年といえば、吉田が現役で大活躍し、優勝した年である。
 しかし、1985年、監督となっていた吉田は、強力打線のチームを率いて快進撃。バースを中心に掛布・岡田・真弓らが打ちまくって21年ぶりにリーグ優勝を果たした。
 さらに日本シリーズでもその勢いはとどまることを知らず、4勝2敗で日本一となった。


 




Copyright (C) 2001 Yamainu Net 》 伝説のプレーヤー All Rights Reserved.

inserted by FC2 system