谷沢 健一
 1947年9月、千葉県生まれ。左投左打。外野手。内野手。背番号14→41。習志野高校から早稲田大学に進み、1年生の秋からレギュラーで活躍。2年生の春には首位打者に輝いた。1970年にドラフト1位で中日へ入団。
 1年目からレフトのレギュラーを獲得し、107安打を放って打率.251、11本塁打を残して新人王を獲得する。
 3年目には打率.290を残してリーグを代表するアベレージヒッターとなった。翌1973年にはレフトから一塁手へ転向した。
 1974年には打率.290、22本塁打、85打点の活躍で中日のリーグ優勝の原動力となり、巨人の10連覇を阻止した。
 1976年には打率.355、11本塁打、52打点、176安打の活躍を見せ、張本勲を最終戦で逆転しての首位打者となった。翌年も、打率.312と好調を維持していたが、1978年6月にアキレス腱を痛めて地獄のリハビリ生活に入る。
 1979年はわずか11試合の出場にとどまり、限界説が流れる。
 しかし、日本酒治療で奇跡的な回復を遂げた谷沢は、1980年に打率.369、27本塁打、80打点という自己最高の成績を残して2度目の首位打者を獲得する。同時にカムバック賞も受賞している。
 完全に復活した谷沢は、1981年に4打数連続本塁打の記録を作ると、1982年には打率.280、21本塁打、85打点という成績で中日のリーグ優勝に大きく貢献した。
 1984年には打率.329、34本塁打、99打点、166安打と37歳にして初の30本塁打以上を記録し、166安打は初の最多安打であった。翌年10月には通算2000本安打を達成。
 1986年に打率.273、13本塁打を残していたものの、その年限りで現役を引退した。

 バッターボックスで腰をくねらせる構えから絶妙のタイミングで球をとらえる技術で安定した高打率を残し続けた。アキレス腱の故障以降は、腰の回転を最大限に利用する打ち方で飛距離を伸ばし、本塁打も量産できる大打者となった。

 通算成績(実働17年):打率.302、273本塁打、969打点。2062安打。首位打者2回(1976・1980)最多安打1回(1984)新人王(1970)カムバック賞1回(1980)ベストナイン5回(1976・80・1982〜84)

数々の伝説


 @六大学野球で首位打者、プロで新人王

 早稲田大学に進んだ谷沢は、才能を大きく開花させ、2年時の1972年春には首位打者を獲得する。大学では2年春から4年秋まで6季連続打率3割台を記録し、通算打率3割6分という新記録を樹立した。
 中日にはドラフト1位で指名されて鳴り物入りで入団し、1年目から早くもレフトのレギュラーで起用される。その期待に応えた谷沢は、1年を通してレギュラーで活躍し、107安打を放った。打撃主要3部門の成績は打率.251、11本塁打、45打点。
 この成績が認められて谷沢は、1970年の新人王に選出されている。


 A張本勲を逆転して首位打者

 1976年、谷沢は、打率首位を走る大打者張本勲を追っていた。張本は、既にパリーグで7回もの首位打者を獲得している。
 一方の谷沢は、ここまでシーズン3割を1度も超えたことがなく、1973年の.295が最高だった。
 張本は、10月7日の試合が終わった時点で.358を残している。谷沢は.339で、張本に1分8厘もの大差を付けられていた。
 しかし、谷沢は、あきらめなかった。
 10月10日の広島戦ダブルヘッダーで4打数2安打、4打数3安打と爆発すると、勢いはそのまま最終戦まで止まらない。10月10日から最終戦までの成績は、36打数20安打。打率.556である。
 谷沢は、10月19日の広島戦で4打数3安打を残して打率.3548とし、既に最終戦を終えていた張本の.3547を1毛抜いた。劇的な大逆転である。
 初の首位打者獲得が張本の8度目の首位打者を阻止という華々しさであった。


 B大学時代に痛めていたアキレス腱

 谷沢は、早稲田大学4年生のとき、左足を捻挫してしまう。ひどい痛みだったが、谷沢は、痛み止めの注射を打って試合に出続けた。
 そのため、谷沢が中日に入ったとき、アキレス腱痛は、既に持病になっていた。
 それでも、谷沢は、1年目からレギュラーとして順調に成長を続ける。1976年からは打率も3割を超えるようになり、大打者への道を着実に歩み始めていた。
 しかし、プロ9年目を迎えていた1978年6月1日、静岡の宿舎で左足首が動かなくなってしまう。徐々に悪くなっていたアキレス腱がついに音をあげたのである。


 C再起不能と言われたアキレス腱痛からの復活

 谷沢は、中日の主力打者として絶頂にあった1978年6月1日、持病となっていたアキレス腱痛を悪化させてしまう。左足首の軟骨が折れていたのである。何とか復帰した9月には試合中の走塁で今度は右足首の軟骨を折ってしまう。歩くことすらできないほどの重症だった。この年、70試合出場に終わった谷沢は、翌年にはわずか11試合にしか出場できなかった。
 アキレス腱の痛みは、どんな治療を行っても一向に回復せず、マスコミは「再起不能」とまで騒ぎ立てた。確かに谷沢のアキレス腱は、もはやプレーできる状態に戻りそうになかった。
 ところが、あきらめかけていた谷沢に対して、熱心に九州のマッサージ師を勧めるファンがいた。「必ずよくなるから」と何度も何度もくどいほど勧めてくる。「もう治るはずがない」とあきらめていた谷沢も、ファンのあまりの真剣さに折れた。
 どうせ駄目だろうけど、一度行ってくればそのファンも満足してくれるだろう。
 そう考えた谷沢は、ついに九州の年老いたマッサージ師、小山田秀雄を訪れる。
 小山田秀雄は、全身に日本酒を刷り込んでマッサージするという独特の方法で谷沢を治療した。すると、谷沢のアキレス腱は、奇跡的に回復し、痛みもほとんど消えて行ったという。
 これで足が動くようになった谷沢は、1980年に打率.369を残して見事に復活を果たす。小さな大打者若松勉を振り切って2度目の首位打者まで獲得したのである。
 谷沢は、シーズン後、その年のカムバック賞に選ばれている。


 D2度のリーグ優勝に貢献

 1974年、プロ5年目にして堂々たる主力打者となっていた谷沢は、.290、22本塁打、77打点という好成績を残して中日をリーグ優勝に導く。打っては谷沢・木俣達彦・高木守道・マーチンら、投げては星野仙一・松本幸行らが素晴らしい働きを見せた。そして、この優勝は、巨人の10連覇を阻止する、という歴史的な箔がついた。日本シリーズではロッテに2勝4敗で敗れたものの、谷沢は2本塁打を放っている。
 中日は、1982年にも巨人・阪神との三つ巴の激戦を制してリーグ優勝を果たすが、このときも谷沢は打率.280、21本塁打、85打点を残して大きく貢献した。打つ方では田尾安志・モッカ・宇野勝ら、投げる方では鈴木孝政・都裕次郎らと前回の優勝時とは世代交代が進んでいたが、谷沢は変わらず健在ぶりを見せつけた。日本シリーズでは本塁打を放ったものの、チームはまたしても2勝4敗で敗れ、現役を通じて日本一になることはできなかった。


 E引退試合の最終打席で本塁打

 谷沢の引退は、突然やってきた。1986年の谷沢は、打率.273、13本塁打を残していた。打数こそ220と少ないが、打率や本塁打数はルーキーの頃よりも良い。
 そこへ新監督として星野仙一がやってきた。大胆なチーム改革を考える星野監督と、シーズンのフル出場が難しくなっていたベテランの谷沢は、2人で今後について話し合った。結果、既に足の限界を感じていた谷沢は、現役引退を決意する。
 引退試合となった1987年のオープン戦。引退を惜しむファンの前で現役最終打席に立った谷沢が放った打球は、見事な弧を描いてライトスタンドへ。現役最終打席に本塁打という伝説を残して谷沢は、バットを置いた。



Copyright (C) 2001- Yamainu Net 》 伝説のプレーヤー All Rights Reserved.

inserted by FC2 system