柴田 勲
 1944年2月、神奈川県生まれ。外野手。右投左右打。背番号12→7。法政二高では2年生エースとして夏の甲子園で全国制覇。3年生春のセンバツでも優勝し、夏春連覇を果たす。
 1962年、巨人に投手として入団。2年目の1963年にスイッチヒッターの外野手に転向してレギュラーを獲得すると、いきなり43盗塁を記録して頭角を現し、巨人のリーグ優勝と日本一に貢献する。
 1964年には50盗塁の大台に乗せるとともに15本塁打を放って中距離ヒッターの素質も開花させた。
 1965年からは巨人のV9時代に突入し、柴田は強力打線の核弾頭として走攻守にわたってチームを牽引する。1966年には46盗塁で初の盗塁王に輝いて巨人のリーグ優勝に貢献すると、日本シリーズでは打率.565、2本塁打、2盗塁という活躍でシリーズMVPに選ばれた。
 1967年には自己最高の70盗塁を記録して2年連続の盗塁王を獲得。1968年は右打者としての打撃にこだわり、26本塁打を放って初めて20本台に乗せた。
 1969年にも35盗塁で3度目の盗塁王に輝いている。
 1971年には打率.282ながらリーグ4位に食い込むと、1972年には45盗塁で4度目の盗塁王に輝くとともに打率.293でリーグ6位となるなど、安定した成績を残した。
 1977年、1978年にも盗塁王となって計6回もの盗塁王を獲得し、現役を通じて通算579盗塁のセリーグ記録を樹立した。
 1980年8月に通算2000本安打を達成。
 1981年限りで現役を引退した。

 メディアへの露出度が高いV9時代の巨人で、派手な赤い手袋をトレードマークとして塁に出れば走りまくり、盗塁の価値を全国の野球ファンに知らしめたスイッチヒッターである。また、故障が少なく、毎年安定して安打を放ち、守備では5度のゴールデングラブ賞に輝いた名手でもあった。

通算成績(実働20年):打率.267、194本塁打、708打点、2018安打、579盗塁(セリーグ記録)。盗塁王6回(1966〜1967・1969・1972・1977〜1978)ベストナイン4回(1967・1971〜1973)ゴールデングラブ賞5回(1972〜1974・1976〜1977)

数々の伝説


 @甲子園夏春連覇

 1960年、柴田は、法政二高の2年生エースとして夏の甲子園に出場する。初戦の御所工(奈良県)戦を14−3で破ると、浪商(大阪府)に4−0、早稲田実業(東京都)に8−0、鹿島(佐賀県)に6−0と圧勝の連続で決勝に駒を進めた。決勝の静岡(静岡県)戦も3−0で勝ち、柴田は、危なげなく全国制覇を成し遂げたのである。
 3年生春のセンバツでも初戦の北海(北海道)戦を4−1で破ると、浪商(大阪府)を3−1、平安(京都府)を10−0で破り、決勝の高松商(香川県)戦も4−0で勝って夏春連覇を達成した。
 あまりの強さに、3年生夏の甲子園で3季連続の優勝は確実かと思われた。事実、準々決勝までは圧勝する。しかし、準決勝で怪童と呼ばれた尾崎行雄を擁する浪商に延長戦の末、2−4で敗れてベスト4止まりとなった。
 エース柴田、控えに後の大リーガー村上雅則が控え、どこからでも得点できる強力打線を備えた法政二高は、高校野球史上最強のチームだったという呼び声も高い。豪腕尾崎行雄との3度にわたる激闘は、未だに語り草となっている。


 A打者転向

 プロ入団1年目、柴田は、開幕2戦目の阪神戦に先発という大舞台を与えられた。甲子園のヒーローだけに、大きな期待を一身に背負っていたのである。
 だが、その試合で柴田はあえなくKOされる。結局、1年目は、そのまま活躍することなく、0勝2敗、防御率9.82という散々な成績で終わる。投手として優れた能力はバランス良く持っていたが、球速・コントロール・変化球ともに抜群と言えるものがなかったのだという。
 首脳陣は、そんな柴田に1年で投手失格の烙印を押す。そうなれば、生き残る道は打者しかない。川上哲治監督は、柴田の類稀な俊足に注目し、スイッチヒッターへの挑戦を指示した。
 当時、スイッチヒッターでレギュラーとして活躍する選手はまだいなかった。そのため、柴田のスイッチヒッター転向も、ゴロを放つと同時に走り出して、平凡なゴロを足で内野安打にする、というのを目的にしていただけだった。
 だが、柴田は、抜群の野球センスで左打ちをマスターし、スイッチヒッターとして数々の功績を残す。その後の名スイッチヒッター隆盛への先鞭をつけたのである。


 B多摩川ブルース

 甲子園で夏春連覇を成し遂げ、鳴り物入りで入団した柴田だが、1年目のシーズン突入直後から大きな壁にぶち当たる。1軍で投手として通用しないことを思い知らされた柴田に待っていたのは、学生時代にも経験したことがないようなファームでの地獄のしごきだった。野球人生で初めてとも言える挫折を味わった柴田は、2軍の合宿所で「多摩川ブルース」という詞を書き上げる。
 「多摩川ブルース」は、「練艦ブルース」のメロディーに乗せて柴田が作詞した替え歌である。この歌は、2軍でくすぶる若い選手達の間で話題になり、後世まで脈々と歌い継がれることになる。
 その歌詞は、1軍という華やかな舞台の裏側にある2軍で、日々残酷とも言える厳しい練習に明け暮れ、オフになれば解雇通告に怯える選手達の悲哀を鋭く表現したものである。


 C赤い手袋

 1967年、柴田は、ベロビーチキャンプでの土産に赤い手袋を買った。柴田は、公式戦で使う予定はなく、バッティング練習で使っていたのだが、それを見ていたチームメイトが「公式戦で使った方がいい」としきりに勧める。柴田も、前年に初めて盗塁王のタイトルも獲得し、投手のモーションの癖をほぼ確実に見抜けるレベルにまで達して自信を深めていた。その気になった柴田は、赤い手袋をはめてプレーすることを決意する。
 その年、柴田の足はことのほか好調で、走りに走ってシーズン70盗塁を記録する。赤い手袋は、瞬く間に柴田のトレードマークとなった。その派手な手袋に、管理の厳しい巨人では批判もあったが、柴田は実力でそれをはね返した。
 1980年代には柴田の後を引き継ぐように青い手袋をはめた松本匡史が巨人で走りまくって「青い稲妻」と呼ばれた。松本は、セリーグのシーズン盗塁記録を塗り替えて柴田の後継者としての役割を果たしている。


 Dシーズン70盗塁

 赤い手袋をトレードマークにした柴田は、1967年、ついにシーズン70盗塁の大台に乗せる。打率.287、18本塁打と打撃の方も好調で、柴田の長い選手生活でも最高と言える成績を残した。巨人V9時代の中でも圧倒的な強さを誇っていたのがこの頃である。
 柴田のシーズン70盗塁は、セリーグでは1950年に金山次郎が74盗塁を残して以来、17年ぶりに70盗塁の大台に乗せたという快挙だった。盗塁の企画数83で失敗がわずか13、成功率.843はかなり高い数字である。
 その後も、松本匡史が1983年に76盗塁を残して70盗塁の大台に乗せるまで、セリーグでは16年間70盗塁以上が出なかっただけに柴田の記録の価値は高い。


 E1週間に1イニング2安打を2度

 1977年6月28日、柴田は、阪神戦の初回に先頭打者としてライト前ヒットを放つと、打者一巡して回ってきた2打席目でもライト前ヒットを放って1イニング2安打を記録する。
 それだけで終われば、あまりとりたてて驚くほどの記録ではないのだが、柴田は5日後の7月3日にも1イニング2安打を記録する。大洋戦の7回に先頭打者としてレフト前ヒットを放つと、打者一巡して回ってきた打席でも二塁内野安打を放ったのである。


 F6度の盗塁王

 巨人のV9は、王・長嶋・堀内らが注目されがちだが、V9は、柴田の台頭とともに始まったと言っても過言ではない。強力打線や強力な投手陣の裏で、走塁、守備といった機動力においてチームを牽引したのが柴田だからである。打力や投手力だけで安定した黄金時代を築くのは不可能であり、柴田が1番打者としての役割を十二分に果たしていたから、という要因は避けて通れない。
 事実、柴田は、V9時代に4度の盗塁王に輝き、1年間の平均盗塁は約38に及ぶ。ONに勝るとも劣らぬ貢献度と言っても過言ではないだろう。
 柴田は、1977年のリーグ優勝にも5度目の盗塁王を獲得して大きな貢献をする。
 通算6度の盗塁王獲得は、セリーグ新記録であり、通算579盗塁もセリーグ新記録だった。
 柴田は、現役生活20年で何と13度のリーグ優勝、11度の日本一に貢献するという至高の選手生活を送ったのである。


 G日本シリーズMVP

 
 1966年、南海との日本シリーズでの主役はONではなく、柴田だった。柴田は、第2戦で本塁打を含む3打数3安打と爆発すると、第3戦でも決勝打を含む3打数3安打を残し、さらに第4戦でも第1打席で四球の後、安打を放って7打数連続安打というシリーズ記録を樹立する。
 第5戦でも猛打賞を記録した柴田は、第6戦でもライトスタンドへ先制のソロ本塁打を放ち、巨人を4勝2敗で日本一に導いた。
 このシリーズで柴田が残した記録は、打率.565、2本塁打、7打点、2盗塁という驚異的なものだった。しかも、打率.565は、それまでのシリーズ最高打率を塗り替える新記録でもあった。柴田は、その貢献度の高さを認められ、シリーズMVPに選出された。


 Hスイッチヒッター初の2000本安打

 1980年8月7日、ヤクルト戦の4回に柴田は、通算2000本安打を達成する。1999本目から18打席かけての難産であったが、スイッチヒッターとして通算2000本安打達成は史上初の快挙だった。また、柴田は、現役を通じて一度も3割以上を打ったことがなく、3割を打ったことがない2000本安打達成も史上初だった。
 柴田は、盗塁王こそ常連だったものの、打撃主要三部門でタイトルを獲得したことがなかった。にもかかわらず、柴田は、大きな故障をせず、左右両打席で毎年安定した安打数を積み重ねて大記録に結びつけたのである。





(2005年5月作成)

Copyright (C) 2001- Yamainu Net 》 伝説のプレーヤー All Rights Reserved.

inserted by FC2 system