野村 克也
 1935年6月、京都府生まれ。捕手。右投右打。背番号60→19(南海)。
 父を日中戦争で亡くし、貧困の中、中学時代から荷車押しや牛乳配達などのアルバイトで生活費を稼ぎながら峰山高校へ進学。
 1954年、峰山高校を卒業後、テスト生として南海ホークスに入団。
 1956年、鶴岡一人監督に見出されて正捕手となり、1957年、30本塁打を放って初の本塁打王を獲得。1959年にチーム日本一に貢献し、1961年からは8年連続本塁打王となる。1961年には打率.296、29本塁打を残して本塁打王を獲得するとともにチームをリーグ優勝に導き、初のシーズンMVPを獲得する。
 1963年にはパリーグ記録となる52本塁打を達成する。1965年には打率.320、42本塁打、110打点で戦後初の三冠王を獲得する。この間、1964〜1966年までのパリーグ3連覇と1964年の日本一にも大きく貢献している。1962年から1967年まで6年連続で2冠以上を獲得した。
 1970年には35歳で南海ホークス監督兼捕手となり、1972年には打点王のタイトルも獲得。1973年に監督として初めてリーグ優勝を果たすとともに、選手としても打率.309、28本塁打を残してシーズンMVPに選出される。
 1977年に南海ホークスの監督を解任されてからは、一捕手としてロッテ、西武へと移籍。1980年、45歳で現役引退。
 1989年に殿堂入り。
 1990年にはヤクルト監督となり、1992年にリーグ優勝、翌年は日本一となる。
 1995年と1997年にもヤクルトを日本一とするが1998年末にヤクルトを退団して阪神タイガースの監督に就任したが、阪神を優勝させることはできず、2001年末に辞任した。
 その後、社会人野球のシダックス監督として実績を残した後、2006年からは楽天の監督となり、2007年には楽天を初のリーグ4位に押し上げた。
 そして、2009年には球団初の2位となり、クライマックス第1ステージを2連勝で突破したが、第2ステージで日本ハムに1勝4敗で敗れた。その年のオフ、監督を辞任し、楽天の名誉監督となった。

 打者の心理を読んだ頭脳的なリードと、江夏をリリーフに転向させて、リリーフエースを作る改革をするなど、勝負に対して大きな手腕を発揮した。
 また、捕手でありながら、打者としても本塁打王9回に象徴されるように、パリーグ最強のスラッガーとして恐れられた。

 通算成績:実働26年(史上1位)。 打率.277。本塁打657本(史上2位)。1988打点(史上2位)。2901安打(史上2位)。
3017試合出場(史上1位)。本塁打王9回(史上2位)。打点王7回(史上2位)。首位打者1回。三冠王1回。シーズンMVP5回。

数々の伝説

 @ささやき戦術

 野村は、打者がボールを見送る際の細かい動きで、打者の心理を読み取っていたが、それでも読み取れない打者もいた。
 そのため、野村は、マスク越しに打者たちに彼らの私生活を話しかける「ささやき戦術」という悪名高い策を生み出した。
 これに動揺して凡打に打ち取られた選手も非常に多くいたと伝えられている。
 しかし、王は、それを無視して打ち、長嶋は、話に自ら乗ってきたため、効き目がなかったという。


 A土壇場で同じ投手からの大記録

 1962年9月30日、藤井寺球場での近鉄対南海戦が行われた。この試合前の時点で本塁打数は43本。これは、別当薫が1950年に達成したパリーグ記録と並んでいる。そして、この試合がシーズンの最終戦であった。
 捕手の野村は、鶴岡一人監督の計らいで2回から負担の少ない一塁につくと、5回の第3打席に山本重政投手から左翼席に本塁打し、パリーグ新記録(当時)の44本塁打を放った。

 翌年の1963年、大阪球場で南海対近鉄30回戦が行われた。この試合前の時点で本塁打数は51本。これは、小鶴誠が1950年に記録した日本記録と並んでいる。そして、この試合がシーズンの最終戦であった。
 野村は、7回の第4打席、昨年にパリーグ新記録を打ったときと同じ山本重政投手から左中間125メートルの大本塁打を放ち、日本新記録(当時)の52本塁打となった。


 B戦後初の三冠王

 1965年、野村は、例年通り本塁打を量産するとともに安定して安打も放ち、本塁打、打点、打率の3部門でタイトル争いを繰り広げる。
 この年は、阪急のスペンサーも、好調で、シーズン終盤まで本塁打と打率を激しく争ったが、シーズン終了間際にスペンサーが交通事故による故障で離脱したこともあって、野村がスペンサーを振り切り、三冠王を獲得した。チームも、2位に12ゲーム差をつける圧倒的なリーグ優勝を果たし、野村は、シーズンMVPにも選出される。
 野村の成績は、打率.320、42本塁打、110打点で、シーズン156安打もリーグ最多安打だった。野村の三冠王獲得は、1938年秋に中島治康が獲得して以来、史上2人目であり、戦後初の快挙だった。


 C選手兼任監督としてリーグ優勝とシーズンMVP

 1970年、野村は、34歳にして選手兼任監督に就任する。野村自身は、現役一本でやりたかったが、球団オーナーの要請により、野村は、監督をやりながら四番正捕手を務めたのである。
 そして、1973年、南海は、この年から始まった前後期制で前期に38勝26敗で優勝を果たし、後期優勝の阪急とのプレーオフでも3勝2敗で破ってリーグ優勝を果たすのである。
 野村は、この年、打者としても打率.309、28本塁打、96打点の活躍でシーズンMVPを獲得している。選手兼任監督でのシーズンMVPは、戦前も含めると史上6人目の快挙だが、野村以降、選手兼任監督でのシーズンMVPは誰も獲得していない。


 D日本の野球革命

 1976年1月、野村監督は、阪神のエースとして9年間で159勝を積み上げてきた江夏豊を獲得する。
 そこで、野村は、自らの野球理論を伝え、「抑えの切り札として野球の革命児になってもらいたい」と江夏を説き伏せ、リリーフエースに転向させる。そこから、江夏は、リリーフエースとして多くの勝利に貢献し、優勝請負人として球団を渡り歩くことになる。
 当時、リリーフエースという概念がなかった日本野球界では、江夏の8連投や全試合ベンチ入りなどは大きな革命であった。
 しかし、現在では、野村と江夏の残した功績がそのまま引き継がれ、抑えの切り札がしっかりしたチームが優勝する、という図式が定着している。
 1977年の野村監督解任、ロッテ移籍の際に、江夏も野村が行くロッテへの移籍を希望したことは有名である。


 E観客6000人の2500本安打達成

 1975年5月13日、後楽園球場で行われたロッテ対南海戦の第3打席で野村は、成田文男投手から遊撃内野安打を放つ。これが日本プロ野球初の通算2500本安打達成となった。1954年にプロ入りして以来、21年目にしての記録である。
 この大記録達成にも関わらず、当日の観客はわずか6000人で、野村の大記録を知っていて安打の瞬間、拍手をしたのはわずか数十人であったとされている。
 長嶋に負けているのは人気と年俸だけという自負から、有名な野村の月見草発言が出たのは、試合後の記者会見でのことである。


 F45歳まで現役

 野村は、高校から1954年にテスト入団してからパリーグ最強の打者にまで登り詰め、1980年に引退するまで26年に渡って現役を続けた。
 1977年に監督兼捕手を解任され、ロッテに移籍したときには「アマチュアは栄光を求め、プロは生活のためにプレーする」との言葉を残し、「生涯一捕手」を宣言した。
 そして、1980年に打率.217、本塁打4本の記録を最後に引退。このとき、野村は45歳であり、史上最年長であった。通算出場試合数3017はいまだに破られていない。


 G右打者最強のスラッガー

 野村は、通算本塁打657本、本塁打王9回、シーズン最高本塁打52本という輝かしい成績を残しているが、セリーグでは王貞治が868本塁打、本塁打王15回、シーズン最高本塁打55本を残しているため、通算本塁打、本塁打王数は史上2位であり、歴代1位にはなっていない。通算打点も1988打点で、王の2170打点には及ばない。
 しかし、王は、打者有利とされる左打者である。投手有利とされる右打者としては野村が通算本塁打も通算打点も1位となる。捕手をやりながら、しかも1時期は監督も務めながらの記録だけに、多大な価値があると言えよう。


 H月見草とID野球

 ON(王貞治・長嶋茂雄)のようにアマチュアー時代から注目され、華やかなセリーグの巨人で活躍したのに比べ、観客も少なく地味なパリーグで活躍した野村は、彼らに対して強い対抗心を持っている。
 野村は、自らを「月見草」と例える一方、「巨人・大鵬・卵焼き」と言われたほど、日本中にブームを巻き起こした長嶋を「ひまわり」に例えている。 
 1990年、セリーグのヤクルトの監督になってからは、データを重視した野球理論を唱えたID野球でチームを鍛え上げて巨人以上の成績を残し、4度のリーグ優勝、うち3度の日本一を成し遂げるなどの好成績を残している。


 I逆転満塁サヨナラ本塁打

1966年、5月14日の大阪球場で行われた南海×阪急戦は、2−7と南海がリードされて敗色濃厚な状態で9回裏に入った。
 だが、2死から南海も粘って連打で2点を返し、4−7まで追い上げた。
 ここで打席に立った野村は、ボールを見極め、カウント1−3とした。
 そして、投手の石井茂雄がストライクをとりにきたところを豪快に左中間へ運び、逆転満塁サヨナラ本塁打となり、8−7で勝利した。
 これは、野村が通算11本放った中で5本目のサヨナラ本塁打であった。


 Jサヨナラ本塁打、サヨナラ安打の日本記録樹立

 逆転満塁サヨナラ本塁打で有名な野村は、通算でも日本記録を樹立している。サヨナラ本塁打は通算11本、サヨナラ安打は実に19本も放っているのである。
 この2つの記録は、王貞治や長嶋茂雄、張本勲らをしのぐ大記録であり、長い間、日本記録として君臨して、20世紀中は破られることがなかった。だが、2006年に清原和博がサヨナラ本塁打12本目とサヨナラ安打20本目を同時に放って、ようやく野村の記録を更新した。


 K楽天を球団初の2位に躍進させるも監督辞任

  2006年、野村は、楽天の監督に就任する。楽天は、前年に新規参入したものの38勝97敗で無残な最下位だった。
 しかし、野村が監督となった楽天は、2006年に47勝を挙げると、2007年には67勝で4位となり、最下位を脱出する。
 野村は、投手では岩隈久志、田中将大、永井怜らを中心に整備し、打者としては山崎武を再生し、鉄平、草野らを育て上げて、2009年にはついに77勝66敗の好成績を収めてシーズン2位となり、球団初のクライマックスシリーズ出場を決めた。
 そして、楽天の地元仙台で開催となったクライマックスシリーズ第1ステージではソフトバンク相手に見事な2連勝を飾ったが、第2ステージでは日本ハムに1勝4敗で敗れ、日本シリーズ進出を逃した。
 これだけの成績を挙げながらも、楽天は、野村の高齢を理由に監督の契約を更新せず、野村は、監督辞任後、3年契約で楽天の名誉監督となった。




Copyright (C) 2001 Yamainu Net 》 伝説のプレーヤー All Rights Reserved.

inserted by FC2 system