松中 信彦
 1973年12月26日、熊本県生まれ。左投左打。内野手。八代第一高校から社会人野球の新日鐵君津に進む。1996年のアトランタ五輪では5本塁打を放つ活躍で銀メダル獲得に貢献する。
 ドラフト2位の逆指名で1997年、ダイエーに入団。入団1年目から20試合に出場する。2年目に3本塁打を放つと、3年目の1999年にはレギュラーを獲得して23本塁打を放ち、ダイエー創設初のリーグ優勝に貢献する。
 2000年には打率.312、33本塁打、106打点の活躍でリーグ優勝の立役者となり、シーズンMVPとベストナインに選出される。シドニー五輪にも出場して打率.371、1本塁打と活躍したが、4位に終わっている。
 2001年には打率.334、36本塁打、122打点の好記録を残し、同一チーム内に30本塁打以上4人の30本カルテットを達成する。
 2003年には打率.324、30本塁打、123打点で打点王を獲得し、リーグ優勝と日本一にも大きく貢献してベストナインに選出される。
 2004年には打率.358、44本塁打、120打点という驚異的な成績で平成初の三冠王を獲得し、シーズンMVP、ベストナイン、ゴールデングラブ賞にも選出される。チームは勝率1位を記録したが、プレーオフで西武に敗れた。
 2005年には打率.315、46本塁打、121打点の活躍で本塁打王と打点王を獲得する。この年も、チームは勝率1位を記録しながらプレーオフでロッテに敗れた。
 2006年には打率.324で首位打者を獲得する。
 2008年には25本塁打、2009年にも23本塁打を放つ。
 2011年には88試合出場ながら打率.308を記録し、リーグ優勝と日本一に貢献する。
 2015年、9試合出場に終わり、現役を引退した。

 内角球に対して腕を畳んでファールにならないようにライトスタンドへ運ぶ技術には定評があり、外角球に対してはレフトスタンドへ運ぶ技術もあった。ミート技術も優れており、高打率を残すシーズンも多く、平成初の三冠王に輝いた。

通算成績(実働19年)打率.296、352本塁打、1168打点、1767安打。三冠王1回(2004)シーズンMVP2回(2000、2004)首位打者2回(2004、2006)本塁打王2回(2004〜2005)打点王3回(2003〜2005)最多安打1回(2004)最高出塁率3回(2004〜2006)ベストナイン5回(2000、2003〜2006)ゴールデングラブ賞1回(2004)

数々の伝説


 @アトランタ五輪銀メダル

 松中は、1996年のアトランタ五輪に日本代表の四番打者として出場する。当時の日本代表は、強力な打撃陣を誇っていたが、投手陣が安定しておらず、予選は松中が3本塁打を放つ活躍もあって何とか4勝3敗で準決勝に進む。
 準決勝のアメリカ戦では、日本代表の打線が爆発し、松中も第4号となる2ランをライトスタンドに放って3打数1安打2打点を記録し、11−2で圧勝する。
 決勝戦は、当時アマチュア最強だったキューバとの対戦になる。松中は、5回に一時は同点となる満塁本塁打を左中間スタンドに放つ活躍を見せ、5打数2安打5打点を挙げたものの、投手陣が崩れて9−13で破れ、銀メダルに終わった。
 松中は、アマチュア野球日本代表の四番打者として銀メダル獲得という大きな実績を引き下げて鳴り物入りでダイエーに入団する。


 Aダイエーの初優勝に貢献

 ダイエーは、1989年に南海の身売りによってチーム名がダイエーとなって以降、1998年まで10年間リーグ優勝を果たすことはできなかった。
 しかし、王貞治監督の下で徐々に力をつけてきたダイエーは、1999年、ついに優勝争いの中心となる。
 松中は、そんな上り調子のチームの中でレギュラーを勝ち取る。開幕戦で9番打者として先発出場した松中は、持ち前の長打力を生かして打順を上げ、6月には6番打者としての出場が増える。
 それとともに調子を上げたダイエーは、6月に抜け出して首位を走り、2位西武に4.5ゲーム差をつけて創設初のリーグ優勝を飾る。
 松中は、打率.268、23本塁打、71打点の活躍でリーグ優勝に大きく貢献した。


 B30本カルテット

 2001年のダイエー打線は、一発を放てる打者が揃い、かつてない破壊力を見せつける。小久保裕紀が44本塁打を記録すれば、松中が36本塁打、城島健司が31本塁打、井口資仁が30本塁打と、4人が30本塁打以上を記録する。
 この年は、近鉄打線もタフィ・ローズ、中村紀洋を中心に打線が好調で、ダイエーは、近鉄と激しい優勝争いを繰り広げたが、最後は近鉄の劇的なリーグ優勝によって2位に終わった。
 同一チームで4人が30本塁打以上という「30本カルテット」は、この年のダイエーが史上4回目の快挙であった。
 ダイエーは、2003年にも松中の123打点を筆頭に100打点以上を4人揃えたダイハード打線で、「100打点カルテット」を達成している。


 Cポストシーズンの呪縛

 松中は、五輪やWBCで活躍するなど短期決戦を苦にしていなかったが、2004年と2005年のプレーオフでは大きな不振に陥った。
 2004年は、三冠王を獲得してチームを公式戦勝率1位に押し上げながらプレーオフでは西武戦で19打数2安打、打率.105に終わり、リーグ優勝を逃している。
 そして、2005年にも公式戦で勝率1位になりながら、プレーオフのロッテ戦で16打数1安打、打率.063に終わり、リーグ優勝を逃している。

 しかし、松中は、2011年の西武とのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦で、これまでの呪縛を解く打撃を見せる。緊迫した試合は、3−2という僅差で8回裏まで進み、二死満塁で松中に打席が回る。
 松中は、西武の守護神牧田和久の内角球を豪快に振り抜き、打球は、ライトスタンド上段に突き刺さる満塁本塁打となった。これは、試合を決定づけるとともに、チームに勢いをつけ、日本シリーズも制して日本一に登り詰めた。


 D平成初の三冠王

 2004年、松中は、シーズンを通じて好調を維持し、打率.358、44本塁打、120打点で初の三冠王を獲得する。
 打率では2位の小笠原道大に.013差、本塁打はセギノールと同数、打点はセギノールの108打点に12点差をつけてのタイトルであった。

 松中の三冠王獲得は、日本プロ野球で1986年の落合博満、ランデイ・バース以来18年ぶり史上7人目の快挙であり、平成に入ってからは初の達成である。また、21世紀に入って初の三冠王でもある。
 この当時、松中は、バッティングを極めた感覚があったという。


 E松坂大輔から1試合3発

 2005年7月15日、西武戦に先発出場した松中は、2回裏に西武のエース松坂大輔から直球を左中間席へ運ぶ30号先制ソロ本塁打を放つ。
 1−2とリードされて迎えた4回裏には、再び松坂の直球をとらえ、2打席連続となる31号2ラン本塁打をライトスタンド上段に叩き込んで3−2と逆転する。
 そして、3−3の同点で迎えた9回裏には、またも松坂の直球を豪快にライトスタンドに叩き込むサヨナラ本塁打を放った。
 松坂から1試合3本塁打を放ったのは、松中が初である。


 F第1回WBCで四番として世界一

 2006年に開催となった第1回WBCで、松中は、日本代表の四番打者として出場する。本塁打こそなかったものの、30打数13安打、打率.433を残し、日本代表の世界一に大きく貢献する。
 特に準決勝の韓国戦では7回に先頭打者としてライト線を破る二塁打を放ち、二塁にヘッドスライディングする気迫を見せた。その気迫を見た福留孝介が先制2ラン本塁打を放ち、決勝に駒を進める。
 そして、決勝のキューバ戦では第1打席に遊撃内野安打、第2打席ではライト前安打、第3打席ではライト前へのタイムリー安打と3打席連続安打を記録し、日本代表は、キューバを10−6で破って世界一に輝いた。


 G内角打ちの天才

 松中と言えば、内角打ちの天才である。内角に食い込んでくる球を体に巻き付けるようなスイングで、ファールにならずにライトスタンド上段に叩き込む技術は一級品であった。
 どれだけ内角に来ても窮屈にならずに鋭く振り抜いて飛距離を出せる上に、外角球は左中間に本塁打を放てる技術もあったため、本塁打を量産しながら高打率を稼ぐことができた。




(2016年9月作成)

Copyright (C) 2001- Yamainu Net 》 伝説のプレーヤー All Rights Reserved.

inserted by FC2 system