藤田 平
 1947年10月、和歌山県生まれ。右投左打。内野手。背番号6。市立和歌山商業で3季連続甲子園に出場。1965年春には準優勝を果たした。創設になったばかりのドラフトで阪神から2位指名を受けて1966年、入団する。
 2年目からレギュラーとして打率.291を残し、154安打でリーグ最多安打を記録する。30二塁打、10三塁打もリーグ最多だった。ベストナインにも選出されている。
 1969年には打率.293、19本塁打を残し、2度目のベストナインを受賞する。この年は、リーグ最多打数ながら併殺打ゼロだった。
 1971年には自己最多の28本塁打を記録し、1972年には27二塁打で3度目の最多二塁打に輝く。
 1974年には打率.302を残して初の3割台に乗せた。
 その後も打撃に円熟さが加わって1977年、1978年と3割以上を記録。1978年には最多連続打席無三振208の日本新記録を樹立した。
 1979年、アキレス腱を痛めたが、翌年には復帰し、規定打席には満たないものの.304を残す。
 そして、1981年には打率.358でついに念願の首位打者を獲得し、カムバック賞にも輝く。この年から打撃コーチも兼任している。
 1983年には通算2000本安打を達成。
 1984年は打率1割台に終わり、現役を引退した。
 1995年には阪神の監督代行となり、1996年には監督を務めた。
 現役中、巨人のV9と重なったこともあって2位を6回経験するものの、リーグ優勝とは無縁に終わった。

 遊撃手というハードなポジションながら滑らかで美しいスイングと柔らかいリストで毎年安定した成績を残したアベレージヒッターである。ミートの技術に優れ、三振数が非常に少ない打者で、ベストナインの常連だった。

通算成績(実働19年):打率.286、207本塁打、802打点、2064安打。首位打者1回(1981)最多安打1回(1967)ベストナイン7回(1967・1969〜1971・1973・1974・1981)ゴールデングラブ賞3回(1973・1975・1981)

数々の伝説

 @センバツで準優勝

 市立和歌山商業高校で3季連続出場を果たした藤田が最も注目を集めたのは、1965年春のセンバツ大会である。藤田の市立和歌山商は、1回戦の小倉高戦で藤田が決勝二塁打を放って2−1で勝つと、2回戦の中京商高戦ではセンバツ史上初の快挙となる1試合2本塁打を放つなど大活躍を見せて6−2で破り、波に乗った。
 準々決勝の東京農大二高戦も5−0、準決勝の高松商高戦も3−1で接戦を制し、決勝に駒を進める。
 決勝戦の岡山東商高戦では1−2で敗れたものの、後にプロで200勝投手となる平松政次から2安打を放って平松の連続完封を4で止め、延長13回までもつれこむ熱戦を繰り広げた。
 5試合で24打数10安打、打率.417を残してチームを引っ張る藤田の活躍は、当然プロから注目され、ドラフト創設初年度に2位で阪神に入団することになる。


 A吉田義男から遊撃手のレギュラーを奪取

 藤田が阪神に入団した当時、遊撃手には「今牛若丸」と呼ばれた名手吉田義男がいた。牛若丸を彷彿とさせる身のこなしと俊敏な送球で、長い間、遊撃手のレギュラーは吉田が独占していた。
 しかし、藤田は、猛烈な練習を自らに課してレギュラーを目指した。堅実な守備もさることながら、打撃のミートセンス、長打力をも兼ね備えていたため、プロ2年目にして藤田は遊撃手のレギュラーを獲得する。
 藤田によって遊撃手のレギュラーを奪われたベテランの吉田は、二塁手のレギュラーに収まり、最強の二遊間が整ったのである。


 B塁打三冠

 藤田は、プロ2年目の1967年に安打数154、二塁打数30、三塁打数10でいずれもリーグトップの塁打数を記録する。
 本塁打こそ16本であったが、最多安打、最多二塁打、最多三塁打の組み合わせで三冠を獲得するのは非常に稀なケースである。福本豊は、2度記録しているが、王貞治や張本勲、長嶋茂雄、野村克也、落合博満、バース、イチローといった野球史に名を残した選手たちもこの組み合わせでの三冠を獲得していない。
 そういう意味では、打撃主要部門の三冠王と同等の価値を持っていると言っても過言ではない。


 Cシーズン併殺打ゼロ

 1969年、藤田は、規定打席に達しながらもシーズン併殺打ゼロという記録を達成する。その記録だけでも快挙なのだが、さらに際立たせているのが打数である。
 この年、藤田は、全130試合に出場し、全選手中の最高打数である526打数を記録しているのだ。そんな主力中の主力でありながら、併殺打ゼロを記録しているのは、藤田のバットコントロールがいかに優れていたかを暗に示すものである。
 シーズン併殺打ゼロの記録は、セパ分立後、規定打席に達した打者の中では、藤田が史上5人目の快挙だった。


 D208打席連続無三振

 1978年、藤田は、4月30日から7月5日まで2ヶ月以上にわたって三振をしないという大記録を打ち立てている。
 7月5日の中日戦で4回、佐藤政夫投手の前に空振り三振に倒れて記録は止まったものの、小川亨が記録した180打席連続無三振の記録を大きく塗り替えた。
 その期間中、空振りしたのはわずかに8回だけという天才ぶりだった。
 この年は、522打数でわずか18三振。打率は、.301、157安打を残している。安打数は、164本を記録したリーグトップの松原誠に7本差だったが、単打数はリーグトップを記録した。
 その後、1997年にイチローが216打席連続無三振を記録して藤田の記録を塗り替えている。イチローは、大リーグの中でも最もミートするのがうまいとさえ言われており、藤田は、イチロー出現前の日本球界で最もミートがうまい打者だったと言ってもいいだろう。


 E首位打者獲得でカムバック賞

 1979年4月、それまで12年間にわたって毎年規定打席に達していた藤田は、走塁中に左足太腿の肉離れを起こす。
 その年わずか18試合出場したのみで、あとは治療とリハビリに専念することになる。アメリカにまで渡って治療せねばならぬ程の重症で、プロ入り以来初の長期欠場だった。
 しかし、1980年、藤田は鮮やかに復活する。103試合に出場し、規定打席に到達しなかったものの打率.304を記録したのである。
 さらに翌年には9月に結膜炎を患いながら打率.358、11本塁打、70打点を記録し、篠塚利夫との激しい首位打者争いを制してタイトルを獲得する。その活躍により、藤田は、その年のカムバック賞に選出された。


 F阪神生え抜きで初の通算2000本安打

 藤田は、プロ2年目から毎年安定して安打を量産し、12年連続で110安打以上を記録した。現役中、シーズン3割以上は4回にとどまったが、打率ベスト10入りは7回、ベストナイン選出も7回に及んでいる。
 プロ18年目の1983年5月3日に達成した通算2000本安打は、阪神生え抜き選手としては史上初の快挙だった。
 しかし、藤田は、現役を通じて優勝に縁がなかった。優勝した翌々年に入団し、優勝する前年に現役を引退しているのである。藤田が入団する前年から巨人は、圧倒的な強さでV9を達成していく。その間、藤田がどれだけヒットを打ち続けても、周囲は貧打にあえぐことが多く、巨人に歯が立たなかったのである。
 そんな阪神で長年に渡って打線を支えた藤田は、阪神史上最高の打者との呼び声もあり、現在でも打撃フォームの手本として語られることが多い。




(2006年5月作成)

Copyright (C) 2001- Yamainu Net 》 伝説のプレーヤー All Rights Reserved.

inserted by FC2 system