ブーマー・ウェルズ
  1954年4月、アメリカ生まれ。右投右打。一塁手。背番号44(阪急)→23(ダイエー)。アルバニ大からパイレーツに入団し、ブルージェイズ、ツインズで大リーグの試合出場を経験して、1983年に阪急ブレーブスに入団。
 大リーグでは通算打率.228だったものの、阪急では1年目から打率.317、17本塁打を放つ活躍を見せる。
 さらに、日本に慣れた1984年には打率.355、37本塁打、130打点という好成績を残し、外国人初の三冠王となる。チームも、この年、リーグ優勝を果たし、ブーマーはMVPに選ばれている。
 その後も安定した成績を残し、落合博満との熾烈なタイトル争いを繰り広げた。
 1985、1986年は連続で落合に三冠王を奪われたものの、落合が中日に移籍した後は1987年に119打点で打点王、1989年に打率.322、124打点でニ冠王に輝いている。
 1992年にはダイエーに移籍。この年も、活躍を見せて97打点をあげて打点王に輝くが、その年限りでダイエーを退団し、38歳で引退。
 2メートルの巨体ながら、やわらかいリストと長い腕を生かした、しなやかなバットコントロールで三振が少なく、安打と本塁打を量産した。
 通算成績:打率.317、277本塁打、901打点、1413安打。首位打者2回、本塁打王1回、打点王3回。ベストナイン4回、ゴールデングラブ賞2回。最多勝利打点1回。シーズンMVP1回。

数々の伝説


@フットボールでプロを目指す

 ブーマーは、学生時代に野球以外にフットボールもやっており、プロフットボールの選手を目指していた。大学卒業時にNFLの入団テストを受けたものの惜しくも不合格となる。
 仕方なく、大リーグのパイレーツ傘下のマイナーチームと契約を結んで入団した。
 その後、ブルージェイズでメジャー昇格を果たしたものの、1981年からの2年間で通算打率.228、0本塁打、8打点と振るわず、新天地を求めて日本のプロ野球に移籍することを決めたという。


A名前

 ブーマーは、本名はグレゴリー・ウェルズという。
 しかし、1983年に阪急ブレーブスは、彼の入団と同時に登録名を『ブーマー(boomer)』とする。ブーマーとは球団が彼の大活躍を願って『ブームを呼ぶ男』になるようにという意味が込められているという。ブーマーは、名前通りに活躍し、最優良外国人選手との評価もある。
 阪急は、後にオリックスとなるが、1994年には日本人選手の登録名に『イチロー(鈴木一朗)』『パンチ(佐藤和弘)』というカタカナ名を使用している。しかも、イチローは、登録名変更後、大活躍を見せ、こちらもまた成功に終わっている。


B外国人初の三冠王

 1984年の阪急ブレーブスは、職人集団とも言われたように、下手投げのエース山田久志を始め、今井、佐藤、宮本、山沖といった好投手とブーマー、福本、松永、蓑田、弓岡といった名選手が揃っていた。
 上田利治監督のもと、2位に8.5ゲームの大差を付けてリーグ優勝。残念ながら日本シリーズは3勝4敗で広島に敗れたものの強さは際立っていた。
 ブーマーは、この年、打率.355、37本塁打、130打点、21勝利打点という完璧なまでの勝負強さで三冠王とシーズンMVPを獲得。


C落合博満とのハイレベルな争い

 ブーマーのタイトル獲得への最大のライバルとなったのは、1982年に初の三冠王を獲得して日本を代表する打者に成長してきた落合博満であった。
 打率においてはブーマーの来日1年目の1983年は落合が.332で首位打者(ブーマーは7位)、1984年はブーマーが.355で首位打者(落合は5位)、1985年は落合が.367で首位打者(ブーマーは4位)、1986年は落合が.360で首位打者(ブーマーは2位)だった。
 本塁打は1984年ブーマーが37本で本塁打王(落合は2位)、1985年は落合が52本で本塁打王(ブーマーは4位)、1986年は落合が50本で本塁打王(ブーマーは2位)となっている。
 打点は、1984年ブーマーが130打点で打点王(落合は4位)、1985年は落合が146打点で打点王(ブーマーは2位)、1986年は落合が116打点で打点王(ブーマーは3位)となっている。
 しかし、1987年には落合が1人対4人という世紀のトレードでセリーグに移籍。この年は落合が無冠だったのに対し、ブーマーは119打点で打点王を獲得している。


D公式測定記録日本一の162メートル弾

 1988年7月13日、西宮球場で行われた阪急×西武戦6回裏に打席に立ったブーマーは、西武のエース渡辺久信の内角のフォークボールを強振。すさまじい勢いで舞い上がった打球は、左翼席最上段に張ってある赤いテントを越え、場外に消えていった。
 場外160メートルと発表されたが、ちょうどその打球が球場のはるか後方にある道路に落ちたのを学生2人が目撃。そのボールを拾って球場に届けたため、飛距離が162メートルであったことが判明した。
 これは、落下地点が分かっている本塁打としては日本最長飛距離である。

Eタイトル獲得なのに引退

 1992年、ブーマーは、オリックスからダイエーに移籍。年齢的なパワーの衰えは隠せなかったが、三振をほとんどしないミートのうまさは健在で、97打点、26本塁打を記録。この年の打点王に輝いている。
 しかし、ダイエーは、次の年にブーマーを契約する意志を持たず、ブーマーは退団し、そのまま38歳で引退となった。




Copyright (C) 2001 Yamainu Net 》 伝説のプレーヤー All Rights Reserved.

inserted by FC2 system