充実した落合監督8年間の記録と記憶(4)
〜2004年後半〜


犬山 翔太
 
 9.守護神に岩瀬を抜擢

 落合監督の2つ目のサプライズは、守護神岩瀬である。
 2003年の中日は、前半がギャラード、後半には大塚晶則が主に守護神を務めていた。しかし、ギャラードは、首脳陣との確執から2003年中盤に横浜に移籍、大塚も2003年オフに大リーグ移籍が決まり、守護神を務める投手がいなくなった。
 絶対的な守護神ギャラードがいた中日が近鉄の守護神だった大塚をとったことで、チーム内のバランスが崩れ、1年で両方がいなくなってしまうという失態を招いた。現代野球にとって守護神不在は、非常事態である。

 こんなとき、通常であれば先発投手の1人を守護神に転向させる、あるいは、他球団やアメリカから守護神を獲得する、という手段が主流だった。
 しかし、中日の場合、落合が現有戦力で臨むことを決めており、外部からの補強は考えられない。
 そうなると、先発投手の1人を守護神に転向させるというのが通常の手段ではあったが、落合は、それをしなかった。
 1999年から5年間にわたって中継ぎをしてきた岩瀬を守護神に抜擢したのである。
 当時、岩瀬は、守護神向きとは思われていなかった。ギャラードや大塚のような剛速球や落ちる球があるわけではない。高津のようなサイドスローの変則フォームでもない。揺れ動く直球と真横に曲がるスライダーを駆使して絶妙のコントロールで打ち取るタイプである。性格も、優しくて穏やかだ。
 同じチームには剛腕タイプの落合英二や岡本真也がいるため、彼らを守護神に起用する選択肢もある。
 それでも落合が岩瀬を守護神に抜擢した理由は、最も打ちにくい投手だから、というものだった。確かに、岩瀬は、それまで通算防御率が1点台であり、中日で最も打たれない投手である。理論的には守護神にふさわしい。落合は、評論家時代からギャラードや大塚よりも岩瀬を高く評価していた。仮にどちらかが中日に残っていたとしても、いずれは守護神岩瀬の決断をしたはずである。

 しかし、岩瀬は、2004年の開幕直前に左足小指を骨折し、前半戦は極度の不振に陥って防御率は5点を超えた。5月11日には延長10回に岩瀬が決勝打を浴びて敗れ、チームも最下位に転落する。その3日後にも9回に決勝打を浴びて敗れる。
 他球団であれば、間違いなく守護神失格の判断を下しただろう。しかし、落合は、岩瀬の降格を否定し、その後も守護神の座から降ろさなかった。故障が完治し、抑えの役割に慣れれば、必ず結果を残すことを見抜いていたからである。
 落合の期待通り、岩瀬は、6月以降、立ち直って守護神の座を自分のものにし、守護神岩瀬は、落合政権の8年間の象徴となった。2003年まで通算6セーブだった岩瀬は、2004年からの8年間で実に307セーブを稼ぎ出した。その間、プロ野球記録となるシーズン46セーブ、前人未到の3年連続40セーブ以上・40セーブ以上5度・通算300セーブまで達成したのである。
 落合は、年に何回か岩瀬が打たれて負ける試合があると、決まってこうコメントした。
「岩瀬で負けたら仕方ない」
 どんな状況にあっても決して岩瀬を責めない落合に、岩瀬は、落合退任後、感謝の言葉を述べている。


 10.はじまりは開幕投手川崎憲次郎

 もはや世間で語られ尽くした感のある開幕投手川崎憲次郎。しかし、監督落合を語る上で、この話題を避けて通ることはできない。
 その大きすぎるインパクトのせいで、中日では落合が先発投手をすべて決めていたと誤解している人々もいるが、8年間の中で落合が先発投手を決めたのは2004年開幕投手の川崎憲次郎ただ1度のみである。
 あとは、投手コーチの森繁和が決めていた。
 なぜ、この試合だけ落合が先発投手を決めたのか。それは、様々なメディアによって明らかになっている。
 落合が川崎先発を本人に言い渡したのは、2004年1月2日である。

 かつてヤクルトのエースだった川崎は、2000年にヤクルトで8勝を挙げた後、2001年から中日へFA移籍したものの、開幕前に右肩を故障して1軍登板は3年間なかった。4年契約であったため、川崎は、この年に成績を残さなければ、引退するしかない。
 2003年、川崎は、2軍で13試合に登板し、59回2/3で4勝4敗、防御率5.58の成績しか残していない。右肩故障の影響で往年の球威はない。
 それどころか、2年以上1軍登板をせず、年俸2億円をもらい続ける川崎に対する反感から、ネット上では「見せしめとしてオールスターゲームに出場させよう」という運動が起こった。メディアが乗っかるようにそれを煽った。そして、ついに2003年7月2日にはオールスターゲームの人気投票で1位に選出されるという異常事態となったのである。
 川崎は、ファン投票1位選出が決まった日に辞退届を出したが、その心中は、苦悩に満ちていた。故障から元の状態まで回復せず、思うように投げられず、それでも契約上払われ続ける高年俸。まさにFAが生んだ最大の悲劇だった。

 落合は、そんな川崎を外部から3年間、見続けてきた。落合自身も、故障で戦列を離れた経験を持ち、メディアにさんざん叩かれてきただけに川崎の気持ちを理解していた。このままなら、屈辱的なオールスターファン投票1位選出という事実が川崎の現役最後の記録になってしまいかねない。
 だからこそ、2004年の川崎を何とか後押ししたかった。それは、中日の選手たちの多くが抱いている想いでもあった。
 
 それならば、川崎をどこで起用するか。落合にとっても2004年は、プロ野球の監督1年目なので、最も重要な年である。使いどころを誤って、優勝争いから脱落するようなことがあってはならない。
 熟考の末、落合が下した決断は、川崎の開幕戦先発だった。

 落合は、川崎復活のため、最大限のサポートをした。2月1日の紅白戦で先発させた後、オープン戦では中9日で登板させるなど万全の調整をさせたのである。
 そして、開幕3連戦での3連敗を避けるためにエース川上を第3戦で起用するという秘策もあった。
 すべてが極秘で行われたため、開幕投手を事前に知っていたのは、選手では川崎と谷繁だけだったという。

 2004年4月2日、開幕の広島戦に先発した川崎は、あえなく1回2/3で5失点を喫してKOされた。しかし、ここから中日の選手たちは、川崎の負けを消すために必死の反撃を開始する。のちに大リーグでも安定した活躍を見せる広島のエース黒田博樹を攻め、2回裏に2点を返すと、5回に1点、6回に2点を挙げて同点に追いつく。そして、7回裏には立浪の犠牲フライで勝ち越し、さらに2点を追加して一気に試合を決めたのである。
 落合は、著書『采配』(ダイヤモンド社 2011.11)の中でこう振り返っている。
「何よりも、春季キャンプから復帰を目指す川崎の背中を全員が見て、開幕戦では何とか川崎を助けようとプレーしてくれたのが大きかった。」
 故障からの復活に向けてもがき苦しむ名投手をチーム全員で盛り立てようとして勝ちに行く姿勢こそ、落合がチームに求めたものだった。
 開幕戦に全員で協力して勝ち取った勝利は、開幕3連勝という相乗効果を生んだ。2004年の命運を決めた試合にもなり、落合政権を象徴する試合ともなったのである。
 落合は、2011年11月22日の監督退任会見で最も印象に残った試合として、この開幕戦を挙げている。

 残念ながら、川崎は、復活できなかった。その後、川崎は、4月30日の横浜戦で先発するも、1死もとれずに4失点で降板した。 
 川崎は、この年、2軍で11試合に登板している。48回1/3投げて4勝2敗、防御率3.54。2軍では何とか通用しているが、1軍では通用しない状態である。
 中日のリーグ優勝が決まった翌日の10月2日、落合は、川崎に自ら戦力外であることを告げ、川崎は、他球団移籍を検討せず、即座に引退を申し出た。
 翌10月3日、川崎は、古巣ヤクルト戦で先発登板する。これは、川崎の引退試合であり、多くのファンに見守られながら1回を投げて三者三振で締めた。
 しかし、今となっては、ヤクルトで一時代を築いた名投手川崎憲次郎の壮大な引退試合は、この試合ではなく、あの2004年4月2日開幕戦だった。そして、その開幕戦先発のおかげで、川崎は、屈辱のオールスターファン投票選出投手から、落合政権最初の開幕投手として知名度を上げ、華麗な引退試合で有終の美を飾ることができた。
 それとともに、開幕投手川崎起用は、落合が選手想いで、選手の気持ちを大切にする監督であることをチーム内外に知らしめ、中日は、リーグ制覇に向けて確かな歩みを進めることになったのである。


 11.2004年は独走優勝

「井端のサードゴロが収穫といえば、一番の収穫」
 これは、2004年5月11日にヤクルトに敗れて最下位に沈んだ試合後、落合が発したコメントである。
 井端は、この試合で5打数無安打に終わり、0−2で迎えた6回裏1死1塁の場面では、サードゴロ併殺打に終わっている。
 当時、落合の意味不明発言として一部メディアでは話題になった。何せ、最悪の結果とも言える併殺打を褒めたのである。このようなコメントを出した監督は、プロ野球史上前代未聞だった。
 
 確かに井端は、好調ではなかった。この試合を含めて直近5試合で15打数3安打。左方向へのヒットもなかった。この試合も、サードゴロ併殺打のあと、2打席を凡退している。結果だけ見れば、褒める要素は、どこにもなく、けなす要素しかないのである。
 落合は、選手を決してけなさない。どれだけふがいない結果を出したとしても、なじろうとはしない。選手が怒られるのを避けようとプレーするのを防ぐためでもあり、選手を守るためでもある。選手の結果が出ないのは、起用した監督が悪いのだから監督がすべての責任をとる。それゆえに、目先の結果だけにとらわれず、その前後の流れまで見ることができるのだ。
 結果は、最悪であったとしても、間違ったことをしていなければそれを認めるという姿勢を落合は、マスコミを通じて選手たちに知らしめようとした。

 落合が井端のサードゴロを褒めたのは、不振に陥りかけていた井端だけでなく、チームの打線自体が低迷しかけていたからである。そんなときに積極的にバットを振り、強いサードゴロを打った井端を評価したのである。
 その言葉は、早くも翌日に実を結ぶ。井端は、左方向への安打を3本放つなど4打数4安打と調子を取り戻し、打線は15安打を放って大量9得点で勝利したのである。この年、井端は、初のシーズン打率3割超えを記録し、リーグを代表する打者へと成長を遂げていくことになる。

 この年の中日は、6月22日に首位に浮上すと、安定した戦いぶりを見せる。危機があったとすれば、7月29日から31日にかけて3連敗を喫し、2位と2.5ゲーム差で8月に入ったときだろう。
 しかし、その3連敗目でも、落合のコメントは、他の監督では決して出てこないものだった。
 その試合は、中日が1点を先制したが、6回表に英智が捕れそうなレフトフライを落としてしまい、逆転を許す。記録ではエラーにはならなかったものの、明らかなミスである。中日は、再逆転できないまま、3連敗を喫することになったのである。
 当然、試合終了後、記者たちは、戦犯とも言える英智に対するコメントを求めた。
 落合は、穏やかにこう答えている。
「あいつが捕れなきゃ、誰も捕れない」
 この言葉こそ、私が8年間で最も衝撃を受けた言葉である。他の監督なら、厳しく叱責する、スタメン落ちをほのめかす、といった主旨の言葉が並ぶはずである。
 しかし、英智の突出した守備力と走力を高く評価していた落合は、どこ吹く風の前代未聞なコメントを残したのである。当時、レギュラーを捕る勢いだった英智のミスを完璧なまでにかばい、翌日は、何もなかったかのようにスタメンで起用した。
 結果的に、英智は、その後も素晴らしいプレーを見せて、福留がアテネ五輪で抜けた穴を必死に埋め、リーグ優勝に貢献するとともに、ゴールデングラブ賞を獲得したのである。

 中日は、3連敗で7月を終えたものの、8月に入ると他チームが失速する中、厳しいキャンプで培った猛練習の成果が出て安定した強さを見せる。アテネ五輪で守護神岩瀬と4番打者福留が抜ける状況でも、8月を15勝8敗の好成績で終える。岩瀬の穴を投手陣では岡本真也・落合英二・平井正史らが埋め、福留の穴は、アレックス・英智・井上一樹・大西崇之らが埋めたのである。
 さらに、9月にはアテネ五輪から戻った4番打者福留が骨折して離脱し、球団再編騒動で2試合がストライキで中止になるというハプニングがあったものの、13勝8敗で切り抜け、10月1日の広島戦では敗戦しながらもリーグ優勝を決めた。
 落合野球は、1年目から投手を中心とした守りの野球を貫いた。打率はリーグ5位で本塁打数は最下位ながら防御率はリーグ1位を記録。1年が終わったとき、首位に立っているように、少ない得点を投手陣と守備陣が守りきる野球を1年間実践したのである。
 日本シリーズでは3勝2敗と王手をかけながら、西武の松坂大輔・石井貴の好投によって連敗を喫し、50年ぶりの日本一は逃したものの、監督1年目の成績は文句のつけようがなかった。

 補強なしで勝てるはずがない、という前評判を覆し、リーグ優勝を果たしたため、もはや補強なしで次の年もいける。周囲は、そう考えてしまうものだが、落合は、ある部分の補強を断行する。

                    (続く)




(2012年2月作成)

Copyright (C) 2001- Yamainu Net 》 伝説のプレーヤー All Rights Reserved.


inserted by FC2 system